ブログトップ
ハチ家の春夏秋冬
hachihaha.exblog.jp
ようやく観光! プナカ
ブータンの初秋。
プナカの夜明け。
細くて長〜い、棚田が連なります。
b0283019_1211331.jpg


ブータンは九州をちょっと小さくして、
ぺしゃっと平たくしたよ〜な国です。
その短辺の高低差はじつに3000mを越えます。
その真ん中を西から東にかけて、
メイン道路が1本あって、
その道をはさんで、いくつかの街があります。

パロ空港からプナカまで、
だいたい車で140キロ、なのに、約4時間。。。

あ、鉄道なんて、ありませんからね。
高速道路とかも、ありませんから。
だけど、信号もありませんの。
ちょっとだけアスファルトの道はあります。
道の真ん中に犬が寝ていたら、避けますから。
牛の群れが横断していたら、待ちますから。。。

ドチュ・ラという3100mの峠を越えますからね。
晴れていれば、ヒマラヤ山脈見えるらしいですけどね。
その前後は断崖絶壁、ただ、山削っただけ(に見える)
道を行く、山越えですからね。
落石(恐)あり、ぬかるみ(雨上がりは川になっている!)あり、
波瀾万丈ですのよ!
居眠りなんかしてたら、
たちまちムチ打ちになりますよ(警告)
・・・なりました(泣)。。。

ヘアピンカーブの連続です。
もちろん、センターラインなんてありませんからね。
対向車来たら、まじ、恐いです。
もちろん、ガードレールなんてものも
ほとんどありませんからね。
それはそれは、恐ろしかったです。。。
さらに、そこらじゅう、山崩れあった(!)よーだし
(なるべく、深く考えないよーにしてたけど)。。。

・・・でもね、後から思えば、この道中は、
たいへんスムーズであったと思います。。。

で、ようやくの思い?で、
たどり着いたプナカ。
標高1350mと、比較的低地で、
バナナが生い茂る亜熱帯気候。
1955年にティンプーが通年首都になるまで、
300年あまり冬の首都。

もともとブータンの人は、
夏は涼しく虫の少ない高地で暮らし、
冬は温暖な低地で過ごしていたそうですから、
不思議じゃないですね。

b0283019_12113497.jpg
プナカ・ゾン。
全国のゾンのなかでも、歴史的、信仰的に最も重要なゾン。
ポ・チュ(父川)とモ・チュ(母川)の合流点にそびえる。

ブータン豆知識
ゾン:城塞・政府出張所・僧院を兼ねた大建築。
   そもそもは17世紀初頭に、ブータンを建国した
   ンガワン・ナムゲルが各地に建設したもの。
チュ:川。
ラ:峠。

b0283019_12113481.jpg
2008年にかけ直された、伝統様式の屋根付き橋
(上写真の左奥に見える)

b0283019_12113533.jpg
肝心なところが写っていませんが(汗!)
ハシゴのよーな急階段を上がって中に入ります。
注目すべきは、上の階ほど、広がる窓のデザイン。

b0283019_12113548.jpg
内部は杉浦康平的世界(笑)が広がります。
ブータンの十二支。
ほぼニポンと同じ。

b0283019_12113575.jpg
占いなどに使うらしい。

b0283019_12113676.jpg
ねえ、ちょっと長すぎじゃない? by peco

b0283019_12113789.jpg
b0283019_12113782.gif
b0283019_12113782.gif
b0283019_12113782.gif
by hachi

・・・すみません。
以後、簡略化に努めます。。。 by M(注:ハチハハ)

ペコちゃんは、里親さん募集中の、ミックス女子です。
詳細、および、お問い合わせはドッグライフセイビングさん
までお願いします。

b0283019_1211328.gif
ボン(現マイケル・ボーン)ちゃんに続け!:
日本ブログ村にエントリーしています。
ひとりでも多くの方にペコちゃんのことを知っていただけたら、
本当のご家族にも早く巡り会えるかもしれません。
ご協力(左上のバナーをワンクリック!)よろしくお願いいたします!


[PR]
by hachihaha | 2012-09-26 04:09 |
<< たまには 鉢合わせ >>