ブログトップ
ハチ家の春夏秋冬
hachihaha.exblog.jp
おーとくちゅーるん! ほんもの編
今日の春。
三菱一号館美術館→
「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」展に
行ってきました。
b0283019_15513741.jpg
ほんもの。一点物。
の、ドレスの数々を。
ナマで。見てきました〜。

今さらですが、ファッションもアートだわ。
彫刻的。もっといえば、建築的でもある。
複雑な要素の妙。
表現とともに、その技術は、
気が遠くなるよう。。。
そして、このクラスになると、
時代を超えてなお、
古びない力があるのね。

そーいえば、ワタクシ、高校生のとき、
ファッションデザイナーになりたかったんだわ。
目指さなくってよかった(笑)
b0283019_7385255.jpg
挿絵:ジャン・パジェス/1935年
b0283019_7375871.jpg
イヴニングドレス「青い鳥」
ジャン=ポール・ゴルチエ/2006年秋冬
*一室のみ撮影可でした。
右奥左は、シャネル(1930年頃)、
右は、マドレーヌ・ヴィオネ(1932年)のイヴニングドレス。
b0283019_15473861.jpg
イヴニングドレス「パルミール」
クリスチャン・ディオール/1952年秋冬
b0283019_1548244.jpg
左:ドレスとペティコートのイヴニングドレス
バレンシアガ/1967年春夏

右:イヴニング・アンサンブル
ピエール・カルダン/1973年
b0283019_15481934.jpg
ドレスとジャケットのイヴニング・アンサンブル
イヴ・サンローラン/1992年春夏
b0283019_15483486.jpg
上のジャケットアップ
b0283019_1550662.jpg
左:テーラード・スーツ
シャネル/1960年頃

右:カール・ラガーフェルドによる
シャネル、コートドレス/1995年秋冬

まぁ、手の込んだイヴニングドレスには、
感嘆いたしましたけど、
まず、ご縁がありませんからね。
スーツには、かなーり心ひかれましたわ。
白髪のじょーひんなおばあさんになれたら、
シャネルスーツとか今から貯金して
着てみたいかも。。。

b0283019_9205825.jpg
・・・むり。。。
・・・ちょきん、じゃないほー。。。 by hachi

・・・って、言うよね。。。

でも、はっちゃんのは、
いつだって、
おーとくちゅーるん! だったね☆
[PR]
by hachihaha | 2016-03-21 07:33 | ファッション
<< おいしい薬。その2 日曜日は猫。たまにはね。 >>